これであなたも弾きたくなる?!スタインウェイの特徴と歴史について

スタインウェイとは?

スタインウェイ、というピアノを知っていますか?ピアノを習っている方のなかで、名前は聞いたことがある!、スタインウェイを弾いたことがある!という方がいらっしゃるのでは…?スタインウェイとは、ベヒシュタインとベーゼンドルファーというの3つピアノを合わせて「世界三大ピアノ」といわれるほど、世界の中でも有名なピアノ製造会社のひとつなのです!また、「神々の楽器」ともいわれたりしています。有名な作曲家やピアニストから長く愛されてきたスタインウェイは、日本を含めて圧倒的な支持を得ているピアノなのです。

スタインウェイの歴史について!

スタインウェイは、1853年にアメリカのニューヨークで会社を始めました。最初は小さなロフトで作られていたスタインウェイが、どのようにして有名なピアノになったのかというと、理由のひとつとして、音の響き方があげられます。スタインウェイは、ホールのようなよく響く場所ではなく、なんとアメリカ市民がよく利用していた多目的ホールで使われることを目的にしていました。そこで、ピアノの音を響かせる技術を駆使し、その技術が評価され、有名になったと考えられているのです。

スタインウェイの特徴!

スタインウェイの特徴といえば、なんといってもその深い音の響き方です!ピアノ自体がとっても強い構造をしているのに、高音は透き通った音で、低音もつぶれずに伸びのある豊かな音を持ち合わせています。そして、ピアノ全体がよく響き、音の濁りが無いのです。音の強弱をちゃんと表現できて、まるで弾いている人の心と通じ合っているような、そんなピアノなのです。多くの人から愛されているスタインウェイの人気の秘密は、このような特徴を持っているからなのでしょう。

スタインウェイとはアメリカのピアノ製造メーカーです。品質、音色、歴史が相まって世界中の人々を虜にしています。